車 廃車

自動車保険は結果的に安いと思ったのです

自動車保険を実は同じ会社でずっと契約しているのですが、事故を起こしていないこともあって、年々保険料は安くなっているのですが、総合的に考えると保険料はかなり安いと感じるのです。

 

その理由としては、いくつかあるのですが、まず最初に車両保険があるのです。

 

私が持っている車は、約20年前の車なのですが、こうなると車両保険に入れることも少ないのです。

 

そうした中で今契約している保険会社は少額の補償になりますが、車両保険を組み合わせることができ、さらにほかの同じような会社に比べて、その金額も安いのです。

 

これはいつも契約更新時に一斉に比較見積を取っているのですが、この点は明らかに違うのです。

 

もちろん車両保険を除いたとしても、ほかの会社よりも安いのです。

 

さらに保険に対して、いろんな特約が付けることができるのも、うれしかった点です。

 

たとえば日常のケガなどに対して、補償したり、さらに買い物などをしているときに、お店の展示物や商品などを破損させたときへの、補償といったものです。

 

これらは、自動車保険以外でも契約できるのですが、やはりそれ単体では大きな費用となってくるのです。

 

それが自動車保険と組み合わせることによって、全体的に割安感が出てくるのです。

 

私が契約している自動車保険はこれらのような特徴があるのですが、それは通販型自動車保険だからこそ、実現できる補償内容だとも思いますので、今後も同じ保険会社を利用すると思います。

 

自動車保険の相場を調べるなら一括資料請求サイトなどを利用して相見積もりをとるのがいいかもしれません!

 

廃車する前に買取査定も検討してみるようにしてみましょう。

 

買取のメリット

もし買取価格がついた時には、面倒な廃車手続きがなくなり、さらにお金を得られるというメリットがあります。

 

特に、解体業者に解体を頼むと、1万円程度の解体費用がかかってしまいます。

 

この費用を払うくらいならば、誰かに買ってもらった方がよほどお得になると言えます。

 

それと、車自体も買取業者に買い取ってもらった方が再利用されて良いという点があります。

 

買取り業者の中には、修理して外国へ輸出するような業者も多いです。

 

廃車すると、スクラップになる運命ですが、買取り業者に売却するとまだ乗ってくれる人が出てくる可能性があります。

 

長く車に乗っていると、それなりに自分の車に愛着も出てきます。

 

せっかくなので、再利用される可能性の高い買取査定に頼んだ方が心情的にもメリットは大きいと言えます。

 

買取査定サービスのメリット

また、買取査定の良いところとして、簡単に利用できる点があります。

 

最近では、インターネット上で簡単に自動車の情報を入力すると、一括で複数の買取業者が入札してくれる一括査定サイトが出てきています。

 

入力自体選択方式で非常に短時間で済みますし、24時間申し込みができるので、日中働いている人でも申し込みができます。

 

こういった一括査定サイトを利用すれば、必要としている買取業者が見つかる可能性も上がってくれます。

 

複数の業者に一括して買取査定を頼むので、一番高い買取り価格をつけてくれる業者を見つけることができますし、一番必要としてくれている業者が見つかります。

 

さらに、廃車には印鑑証明を取得したり、慣れない手続きを一人で行なう必要があります。

 

買取査定で買い取ってもらうと、買取業者は商売でやっているので、丁寧に書類の書き方なども教えてくれますし、業者でできる部分はやってくれます。

 

このように、廃車よりも買取査定の方が色々とメリットがあるので、廃車前に買取査定を利用することを検討してみて下さい。

 

続きを読む≫ 2013/07/29 22:24:29

一時抹消登録している自動車を解体した場合には、解体届出をする必要があります。

 

具体的な方法として、まず、解体業者に解体してもらいに行き、移動報告番号と解体報告記録がなされた日を教えてもらいます。

 

証明書などがもらえるので、そういった書類に記録されていることも多いですが、メモなどでも構いません。

 

この移動報告番号と解体報告記録がなされた日の情報を役所に届け出ることが、解体届出の主目的なので、必ず必要になります。

 

一時抹消登録証明書の準備

次に、一時抹消登録証明書を準備します。

 

一時抹消登録を行なった際に、一時抹消登録証明書がもらえます。

 

この書類を提出することで、一時抹消登録から、永久抹消登録への変更をすることができるので、必要な書類となっています。

 

紛失した場合には、再発行は基本的にされないので、しっかりと一時抹消登録証明書は保存しておく必要があります。

 

運輸支局や自動車検査登録事務所の手続き

それから、運輸支局や自動車検査登録事務所で解体届出の手続きを行ないます。

 

解体届出に使う書類は、「OCRシート3号様式の3」と呼ばれる申請書です。

 

申請書は有料となっており、通常約100円で販売されており、申請料金は無料です。

 

この申請書に、移動報告番号と解体報告記録がなされた日などの必要事項を記入して提出します。

 

押印が必要なので、印鑑も必ず持っていくようにして下さい。

 

この際、所有者の住所や氏名が変更になっている時には、住民票や戸籍謄本なども提出する必要があります。

 

所有者自体が変わっている場合には、譲渡証明書と新しい所有者の住民票などが必要になります。

 

また、解体届出と同時に、自動車重量税の還付手続きも行なうことができます。

 

還付される期間が残っている際には、自動車重量税還付手続きを行なうと、還付金が返ってきます。

 

還付手続きには、金融機関名と支店名、口座番号、口座種類の情報を申請書に記入する必要があるので、準備しておいて下さい。

 

以上が解体届出の廃車手続きの基本的な方法となっています。

 

続きを読む≫ 2013/07/29 22:22:29

一時抹消登録の廃車手続きは、永久抹消に比べて解体する必要がないので簡単に済みます。

 

まず、事前に準備するものとして、車検証と実印、印鑑証明(発行されて3ヶ月以内)、ナンバープレート、申請用の費用があります。

 

車検証は、自動車に置いていることが多いので、しっかりと持っていく必要があります。

 

それから、軽自動車の場合には認印で良いですが、普通自動車や大型の場合には実印が必要になります。

 

実印であることを証明するために、地域の役場で印鑑証明書も発行してもらう必要があります。

 

発行されてから3ヶ月以内のものでないと証明にならないので、古いものを使うことはできません。

 

それから、ナンバープレートを取り外す必要があります。

 

工具を使えば、簡単にナンバープレートは取り外し可能となっています。

 

どうしても難しいという時には、近くの自動車工場などに頼んで取り外してもらいます。

 

申請手続きについて

申請用の費用は、最大でも500円程度までしかかかりませんが、まったくお金を持たないで行くと申請できないので、ある程度お金も持って行きます。

 

一時抹消登録を行なう場所は、地域の運輸支局や自動車検査登録事務所で行ないます。

 

軽自動車の場合には、軽自動車検査協会で行ないますが、運輸支局や自動車検査登録事務所内に併設されています。

 

運輸支局や自動車検査登録事務所に行くと、「OCRシート3号様式の2」という一時抹消登録用の申請書が販売されています。

 

それを購入して、見本などを見ながら必要事項を記入していきます。

 

記入し終わったら、ナンバープレートや印鑑証明、車検証などと共に申請書を窓口に提出します。

 

申請書には、手数料納付書などもついているので、そういった書類も記入して提出する必要があります。

 

以上が一時抹消登録の廃車手続きの方法となっています。

 

平日しか受け付けていないなど、面倒な部分も多いので、業者に依頼して手続きを代行してもらう人もいます。

 

そういった場合には、委任状が必要となるので、実印を押した委任状を準備する必要があります。

 

続きを読む≫ 2013/07/29 22:20:29

永久抹消登録の廃車手続きの方法は、まず最初に、解体業者に車を持って行って解体したという証明をもらう必要があります。

 

解体していないのに、永久抹消登録することはできず、必ず解体する必要があります。

 

解体業者に車を渡すと、解体業者から解体したという証明書や、移動報告番号などがもらえます。

 

この番号が、運輸支局や自動車検査登録事務所にも送られているので、番号を運輸支局で申請することで、しっかりと解体してもらったという証明になります。

 

ナンバープレートも解体する前に取り外して取得しておきます。

 

それから、軽自動車の場合には認印で良いのですが、普通自動車以上になると実印が必要になります。

 

実印であるという証明をするために、併せて印鑑証明書が必要となるので、事前に準備しておきます。

 

印鑑証明書は、地域の役場などで扱っているので、取得しておきます。

 

運輸支局や自動車検査登録事務所で行なうこと

次に、実際の廃車手続きを地域の運輸支局や自動車検査登録事務所で行なうことになります。

 

運輸支局や自動車検査登録事務所に行くと、永久抹消登録申請書を購入することになります。

 

永久抹消登録申請書には、手数料納付書と自動車取得税申告書もついており、約100円で販売されています。

 

永久抹消登録申請書と手数料納付書を手本などを参考に記入していき、書類を窓口に提出します。

 

ナンバープレートも提出し、印鑑証明と車検証も提出します。

 

さらに、自動車取得税申告書を同じ会場内にある税申告窓口に提出して、基本的な廃車手続きは終了します。

 

自賠責保険などの保険が残っている時には、さらに保険会社に連絡をして、払いすぎた保険料の返還を受けることができます。

 

注意点としては、運輸支局や自動車検査登録事務所は、基本的に平日の9時から16時くらいまでしか開いていない点です。

 

平日は働いているという方は、会社を休んで廃車手続きに行くのは厳しいこともあります。

 

委任状を第三者に渡して、代理で廃車手続きを頼むこともできるので、代理で行なってくれる業者などを利用する方法も考えてみて下さい。

 

続きを読む≫ 2013/07/29 22:18:29

陸運局での廃車手続き自体は、数百円程度で済むので、それほどお金はかかりません。

 

申請書の購入で約100円かかり、一時的な廃車の場合には、手数料に350円かかります。

 

廃車手続きで一番費用がかかるのは、車を解体してもらう場合と、廃車手続きを代行してもらう場合です。

 

解体費用について

まず、解体してもらう場合には、大体1万円程度が相場となっています。

 

解体には、専門の資格を持った業者が行なうので、それなりに技術料がかかり、1万円程度は取られることを覚悟しておかないといけません。

 

それから、リサイクル料金が解体時にはかかってきます。

 

リサイクル料金は、車の状態や車種などによって変わってきますが7000円から18000円程度かかるとされています。

 

ただし、リサイクル料金は車検時や新車購入時に徴収されるので、支払っていない古い車などに限られることも多いです。

 

代行費用について

次に、廃車手続きを代行してもらう場合には、大体2000円から12000円くらいで代行してもらうことができます。

 

価格幅が広いですが、大型車などは運転できる人が限られるなど様々な理由があります。

 

平均して8000円程度を見ておくと無難と言えるでしょう。

 

また、事故を起こしてしまい、もう動かないから廃車にしたいという場合もあります。

 

そういった時には、レッカー車で移動させるなど、解体業者まで運搬する必要があります。

 

この運搬費用は、解体業者までの距離など、様々な条件によって変わってきます。

 

以上が、基本的に廃車手続きでかかることが多い費用となっています。

 

還付金について

廃車手続きを行なうと、場合によっては還付金が返って来ることもあります。

 

自動車重量税は、前払いなので、支払いすぎてしまった分は還付金として返って来ます。

 

廃車にかかる費用を、そういった還付金で相殺するという人も多いです。

 

買取について

さらに、廃車を買取りしてくれる業者などもあります。

 

一括査定を頼んでみると、解体するしかないと思っていた車に価格がついたりすることもあります。

 

一度、廃車の一括査定などにかけてみてから、廃車手続きに行った方が、万が一価格がついた場合にはお得になると言えるでしょう。

 

続きを読む≫ 2013/07/29 22:14:29

廃車手続きの必要書類は、どのような形で廃車を行なうかで少し違っています。

 

廃車申請書について

完全に車をスクラップにしてしまう場合には、「OCRシート3号様式の3」という様式の申請書類を使って申請を行ないます。

 

一時的に車を使わなくなるので廃車にしたいという場合には、「OCRシート3号様式の2」という様式の申請書類を使って申請します。

 

申請する書類が違っているので、どちらの形式で廃車にするかを最初に決めておく必要があります。

 

OCRシート3号様式の3もOCRシート3号様式の2も、廃車手続きに行く陸運局に置いてあります。

 

自動車検査証について

次に、自動車検査証が必要となります。

 

いわゆる車検証と言われる書類で、大抵の人は車に入れっぱなしにしていると思います。

 

自動車検査証には、その車の所有者の名前や住所が記載されています。

 

本人がしっかり廃車に来ているかどうかの確認に使うので、自動車検査証は必ず必要となります。

 

もし自動車検査証の名前や住所と、今の名前や住所が変わってしまっている時には、戸籍謄本をとったり、住民票をとったりして、変更したということを証明する必要があります。

 

ナンバープレートについて

それから、ナンバープレートが必要になります。

 

ナンバープレートは自分で取り外す必要があり、前と後ろ2枚あるので、取り外して持って行きます。

 

もしナンバープレートが何らかの理由で紛失したという場合には、警察署に紛失届けを出してから、陸運局に理由書を提出します。

 

実印について

また、普通自動車の場合には、廃車手続きに実印が必要となります。

 

軽自動車の場合には、認印だけで手続きを行なえます。

 

実印が必要な場合、その印鑑が実印だと証明するために、印鑑証明書も必要になります。

 

印鑑証明書は、発行されて3ヶ月以内のものでないといけないので、陸運局に行く前などに役場へ行って取得しておきます。

 

その他、手数料納付書と呼ばれる一時抹消手続きの申請手数料や、自動車重量税の返還を受けるために振込先の情報が必要になることがあります。

 

続きを読む≫ 2013/07/29 22:10:29